「超」怖い話 超-1 怪コレクション 「超」怖い話 超-1 怪コレクションVol.2 「超」怖い話 超-1 怪コレクションVol.3 恐怖箱 超-1怪コレクション 黄昏の章 恐怖箱 超-1怪コレクション 夜明けの章
超-1/2006〜2007 傑作選、好評発売中。

超-
エントリーblog/2008
公開中の新着エントリー作品
 
 毎日午前中に更新中!

最近の公開作品
【超-1/2008結果発表】

【結果発表の予告とQR怪談募集】

【コラム】ズバリあなたにとって ..

【著者推薦をお願いします】

【速報:暫定ランキング+戦績表 ..

【速報:作品別ランキング発表】

【講評期間が完了しました】

【コラム】自分以外の二人につい ..

【アクセス制限対応報告】

【公開漏れ救済作品の公開を完了 ..

暴挙

【全応募作の公開が完了しました ..

顛末

女伝え

怒風

おみそれしました

塩壁

白煙

1cm?

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11
12
13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公開済み作品
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月

超-1 トップページ
超-1宣言
一般読者/閲覧者の皆様へ

新着エントリー作品を読む
現在公開審査中の応募作一覧
新着情報/主催者からの告知
週刊超-1の配信を希望
週刊超-1バックナンバー
 

応募概要超簡略版
応募方法詳細解説
リライトについて
応募者のためのヒント
応募手順ガイド  縦版
作品応募受付フォーム

審査方法解説
誤字脱字の指摘
 

超-1/2008質疑応答(BBS)
超-1FAQ(よくある質問と回答)
超-1/2007【コラム】
超-1/2008【コラム】 
実話怪談の書き方

超‐1/OutFiled
 

c1-2008-mobile.png
http://www.chokowa.com/cho-1/2008/i/

事務局への問い合わせ
作品応募は締めきりました





少女時代
 文子さんの家には、様々なモノがやってくる。
 大きな原因は医者である父にある。頼ってやってくるモノが多いのだ。
 しかし、そうでないモノも時折見かける。




…………

この作品は超-1/2008作品集【恐怖箱 超-1怪コレクション 彼岸花】に収録されました。
続きは【恐怖箱 彼岸花】でご覧下さい。

【恐怖箱 超-1怪コレクション 彼岸花】加藤一 編

https://www.amazon.co.jp/dp/4812436036




17:09, Thursday, Apr 03, 2008 ¦ 固定リンク ¦ 講評(23) ¦ 講評を書く ¦ トラックバック(7) ¦ 携帯

■ Trackback Ping URL 外国のスパマーへのトラップです(本物は下のほうを使ってください)
http://www.chokowa.com/cho-1/2008/entry-blog/trackback.cgi20080403170946

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL(こちらが本物):
http://www.chokowa.com/cho-1/2008/entry-blog/blog.cgi/20080403170946

» 【+4】少女時代 [I'd like to tell you something about ...から] ×
 >ビスクドールのような美しさ 個人的にビスクドールの様な人形が苦手なので、頭で市松人形に変換してしまった。 白い死に装束って着�... ... 続きを読む

受信: 08:44, Friday, Apr 11, 2008

» 【リライト】少女時代 [抱朴子リライトブログから] ×
「その子に『美波』て名前つけてたの。意味はないんだけど、何となくね」名付けても呼びかける事はなかった。桜舞い散る季節のころ。文子さんが小学六年生のときに自分の部屋に、それはいた。白い死装束をまとった十七歳くらいの、長い黒髪の少女。白い肌。愁いを帯 ... 続きを読む

受信: 23:05, Thursday, Apr 17, 2008

» 【+4】「少女時代」 [DJ痔牢『超-1 2008』感想ブログから] ×
美しくてそして哀れな霊の姿が伝わってくる実話怪談でした。美味しくいただきました。 ... 続きを読む

受信: 11:03, Monday, Apr 28, 2008

» [超−1]【+3】少女時代 [幽鬼の源から] ×
何ら劇的な盛り上がりもなく、ただ淡々と霊体の目撃の記録が書かれているだけのであるが、すごく魅力的な作品に仕上がっているという印象である。 ほとんど説明的な文がなく、描写を中心として展開されているために、非常に詩的な雰囲気が強いためであろうか。 とにか .. ... 続きを読む

受信: 06:42, Tuesday, Apr 29, 2008

» 【リライト】少女時代 [せんべい猫のリライトblogから] ×
 文子さんが小学六年生の頃。 学校から帰ってくると、自分の部屋に見知らぬ少女が立っていた。 白装束を来た、長い黒髪の少女だった縲... ... 続きを読む

受信: 01:53, Wednesday, Apr 30, 2008

» 【リライト】少女時代 [じぇいむの「リライトボーナスをあげちゃう」ブログから] ×
 文子さんの父は、循環器を専門とする小さな医院を開業していた。 掛かり付けの患者さんも多かったが、どういうわけかこの世ならざる存在も、よくその門前に立ち現れた。 文子さんにはその様子を窺うことが出来た。 幼い頃から、記憶も定かでないほどにそういうものを ... 続きを読む

受信: 20:24, Wednesday, Apr 30, 2008

» 【+4】少女時代 [サバ塩 for 超-1から] ×
文章:+3、希少度:+1。 綺麗な話だなぁ。素晴らしい。登場する二人の少女の透明 ... 続きを読む

受信: 21:25, Wednesday, Apr 30, 2008

■講評

これといった大きな盛り上がりもないままに淡々と話が語られていくのですが、「年齢は十七歳くらい」の「美波」が、やがて「彼女の姿は薄くなって」「彼女の姿を見る事はなくなった」と描かれているのが、題名の『少女時代』に繋がっていて、なかなか面白かったです。

継続して見えるものを、書き方でうまく作品に仕上げていると思いました。

文章1:希少度1

名前: chidori ¦ 19:51, Thursday, Apr 03, 2008 ×


文章 1
読みやすい。
稀少度 1
静謐を感じる。

ひっそりと現れひっそりと消えていく静かな怪談でした。
ちょっと寂しいですね。

名前: くりちゃん ¦ 20:15, Thursday, Apr 03, 2008 ×


浄化されるのにこれだけ時間が必要だったのかな。
イギリスの話だが、同じように長い時間を掛けて薄くなって消えた霊の話を聞いた事があるが、同じような感じなのだろう。
何だか物悲しい。

名前: ねこや堂 ¦ 00:37, Friday, Apr 04, 2008 ×


行列の出来る循環器医、続編でしたね。
お父様が亡くなった事に衝撃でしたが。
霊の行列とは無関係なのでしょうか?
「美波」の美しさと、語り口の美しさ。
彼女の静かさと、語り口の静かさが余韻を
残すいい作品です。
もう少し、読みたいなぁ…。

名前: ちゅん ¦ 13:30, Friday, Apr 04, 2008 ×


文:+2 怖:+1

綺麗な怪ですね。
名前までつけてそこから恐ろしい方向に、とちょっと思いましたが
最後まで側に居つづけただけ、というのが、何となくせつない。

ただ、そのような者たちがお父様を頼りにしてくる理由
がちょっとだけ欲しかった。医者だから、だけではあまりにも希薄。

名前: 晴 ¦ 14:25, Friday, Apr 04, 2008 ×


きれいに終わった怪異です。
「美波」と名付けるところが面白い。


名前: 黒ムク ¦ 16:47, Friday, Apr 04, 2008 ×


ネタ+1 文章+1
正直、ネタは弱いです。
そのネタを丹念に最初から最後まで書いているという点が、この話の良さと言えます。
それだけに、「順番待ち」とつながる部分は綺麗さっぱり削除した方が、単品として美麗に仕上がったと思えて残念です。
この話の場合、文子さんが「見える人」である点を強調する必要性もないと思いますので。

名前: ねこ ¦ 14:35, Saturday, Apr 05, 2008 ×


怖さはそれほどでもないが、いい話だった。
それだけに、余分な記述があるのが残念。父親のところにやってくるものや父親の死などが書かれていると、どうしてもそちらの方に関心がいってしまう。「美波」の話だけに絞って書いた方がより効果的だったと思う。

名前: ナルミ ¦ 02:14, Sunday, Apr 06, 2008 ×


やっと浄化されたのですね。ネタとしては弱いのですが、ある意味スッキリとまとまったきれいな想い出ですね。

名前: 茶毛 ¦ 00:27, Tuesday, Apr 08, 2008 ×


 その医師をしておられた父親が、頼られたあと、何をしていたか記載がありません。2点減点します。
 なんだか淡々としていますが、奇妙な味がある話ですね。

名前: くすだまん ¦ 17:32, Wednesday, Apr 09, 2008 ×


ビスクドール、こーわーいー。
死に装束に黒髪の少女の美しさをビスクドールに例えるのはミスマッチのような気がします。

三年もの間居続けた少女、特に害がなければ愛着が湧いてくるものなのでしょうか。なんといっても美しいしw +1

ひっそりと佇むだけの少女の美しさが際立っていました。文章も無駄がなく美しいですね。 +1

「順番待ち」ではお父さんがメイン、こちらでは文子さんがメインなのですが、こちらを先に読んでいたらお父さんのお話の扱いが小さすぎて不満を抱くかも。 -1

名前: 眠 ¦ 23:43, Friday, Apr 11, 2008 ×


怖い、というより何やらもの哀しく詩的にさえ思える話。
体験者は怖がってはおらず、呼び掛けた事もないとの事だが、いつも漠然と"いる"なぁ、と思うばかりでなく、その存在がどうしてそこにいるのか、問うてみようと思った事はなかったのだろうか。

名前: MM88 ¦ 18:08, Saturday, Apr 12, 2008 ×


美波は何者だったのでしょうか。少女時代の美しい霊体験ですね。そのような綺麗な幽霊なら側に居てても嫌じゃないですね。お話に美しさを感じ、幻想小説的な雰囲気があって素敵です。ただ、実話怪談となると弱い感じがします。

名前: じゅりんだ ¦ 14:05, Thursday, Apr 17, 2008 ×


美波さんはいったいナニモノだったのでしょう。
最後に正体が明かされるかなぁと思って読んでいたら消えてしまいました。
でも霊現象ってそういうものなのかも知れませんね。
やや物足りなさはありますが、素直な文章とオチの本当っぽさは評価できますね。

名前: へみ ¦ 13:23, Saturday, Apr 19, 2008 ×


怪異としては弱いのですが、非常に綺麗にまとまっておりました。 満点!

名前: SPダイスケ ¦ 23:33, Sunday, Apr 20, 2008 ×


 読みやすい文章と、ひっそりと静かに終わっていくその様子が物悲しくも綺麗な印象を与えてくれます。

名前: こうたろう ¦ 15:34, Tuesday, Apr 22, 2008 ×


なんだろう…物悲しいです。
大人になったから見えなくなっちゃった…て事で少女時代なんですよね?
とても綺麗な話でした。

文章:1 内容:1

名前: PM ¦ 20:56, Tuesday, Apr 22, 2008 ×


淡々と書いてあるが、印象深い一編。
「不思議な色香」のある幽霊だと俄然見てみたくなるから不思議だ、
希少度 1 文章 1

名前: じぇいむ ¦ 01:15, Thursday, Apr 24, 2008 ×


こうした淡々とした淡い怪談が昔の「超」怖にもあったような気がします。
怪異としては弱めなのですが、おどろおどろしい話の中に、こんなのが一本載っていてもいいなと、そんな気持ちを思い起こさせました。

名前: みくりや かつと ¦ 02:04, Wednesday, Apr 30, 2008 ×


寂しい余韻が残る、美しい怪異です。早逝されたお父さんには霊の姿を濃くさせる何か特別な能力を持っていたのかもしれません。最後まで残った彼女は文子さんを気に入っていたのでしょうね。

名前: ひ ¦ 20:47, Wednesday, Apr 30, 2008 ×


文章・・・2
希少度・・・1

耽美派怪談ですかね。
風景の一部のようにただそこにいるだけ。
この女性がたとえ子供時代によくある想像の産物であったとしても、れっきとした怪談になっています。
文章表現の魅力溢れる一作。題名も良い。
1点加えます。

名前: 鹿太郎 ¦ 20:54, Wednesday, Apr 30, 2008 ×


ただ居るだけの霊を淡々と描写した、静かな余韻のある怪談に仕上がっていると思います。
徐々に薄くなっていったのは、成仏する過程だったのでしょうか。

名前: 久遠 平太郎 ¦ 21:38, Wednesday, Apr 30, 2008 ×


綺麗な話ですね。
お父さんの話も、もうちょっと聞いてみたかったかな。

名前: 昼間寝子 ¦ 00:17, Thursday, May 01, 2008 ×



■講評を書く

名前:
メールアドレス(任意):    
URL(任意):
この情報を登録する
配点:
講評後に配点を変更する場合は、以前の配点(を含む講評)を削除してから新しい配点を行ってください。
配点理由+講評文:
パスワード(必須):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

△ページのトップへ
 

▲Entry TOP

[超-1情報]
主催者からのお知らせ
最近のコメント講評
昼間寝子 on 白煙

昼間寝子 on 1cm?

昼間寝子 on 訪問者

昼間寝子 on 少女時代

on 夢に非ず

昼間寝子 on 使われないコップ

on タクシー

on 業火の記憶

昼間寝子 on 見る男、連れ女

磯昆布 on 女伝え

みくりや かつと on 一線

on ラリー

みくりや かつと on 突き飛ぶ

on カーテン

昼間寝子 on 慣れ

昼間寝子 on ズーイズーイ

みくりや かつと on 妹の話

昼間寝子 on 山姥の夜

みくりや かつと on 映画館にて

最近のトラックバック講評
【+3】ドカドカガタガタ (I'd like to tell you something about ...) «

【リライト】祖父にまつわる話 (逢魔が時に佇む) «

【リライト】人形と骨の間は・・ .. (抱朴子リライトブログ) «

【+3】暴挙 (サバ塩 for 超-1) «

【+1】怒風 (サバ塩 for 超-1) «

【+4】おみそれしました (サバ塩 for 超-1) «

【+2】白煙 (サバ塩 for 超-1) «

【+2】1cm? (サバ塩 for 超-1) «

【リライト】訪問者 (逢魔が時に佇む) «

【+2】女伝え (サバ塩 for 超-1) «

【+3】訪問者 (サバ塩 for 超-1) «

【リライト】暴挙 (せんべい猫のリライトblog) «

【リライト】女伝え (せんべい猫のリライトblog) «

【+4】少女時代 (サバ塩 for 超-1) «

【+1】使われないコップ (サバ塩 for 超-1) «

【+1】見る男、連れ女グ] (サバ塩 for 超-1) «

【+2】塩壁 (サバ塩 for 超-1) «

【リライト】少女時代 (じぇいむの「リライトボーナスをあげちゃう」ブログ) «

【+3】慣れ (サバ塩 for 超-1) «

携帯で読む
   URLを携帯に送る

 blogパーツ配布中

超-1/2008


■■■

 ◆◆◆

Powered by CGI RESCUE