「超」怖い話 超-1 怪コレクション 「超」怖い話 超-1 怪コレクションVol.2 「超」怖い話 超-1 怪コレクションVol.3 恐怖箱 超-1怪コレクション 黄昏の章 恐怖箱 超-1怪コレクション 夜明けの章
超-1/2006〜2007 傑作選、好評発売中。

超-
エントリーblog/2008
公開中の新着エントリー作品
 
 毎日午前中に更新中!

最近の公開作品
【超-1/2008結果発表】

【結果発表の予告とQR怪談募集】

【コラム】ズバリあなたにとって ..

【著者推薦をお願いします】

【速報:暫定ランキング+戦績表 ..

【速報:作品別ランキング発表】

【講評期間が完了しました】

【コラム】自分以外の二人につい ..

【アクセス制限対応報告】

【公開漏れ救済作品の公開を完了 ..

暴挙

【全応募作の公開が完了しました ..

顛末

女伝え

怒風

おみそれしました

塩壁

白煙

1cm?

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15
16
17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公開済み作品
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月

超-1 トップページ
超-1宣言
一般読者/閲覧者の皆様へ

新着エントリー作品を読む
現在公開審査中の応募作一覧
新着情報/主催者からの告知
週刊超-1の配信を希望
週刊超-1バックナンバー
 

応募概要超簡略版
応募方法詳細解説
リライトについて
応募者のためのヒント
応募手順ガイド  縦版
作品応募受付フォーム

審査方法解説
誤字脱字の指摘
 

超-1/2008質疑応答(BBS)
超-1FAQ(よくある質問と回答)
超-1/2007【コラム】
超-1/2008【コラム】 
実話怪談の書き方

超‐1/OutFiled
 

c1-2008-mobile.png
http://www.chokowa.com/cho-1/2008/i/

事務局への問い合わせ
作品応募は締めきりました





妹の話
 父と母は結婚して東京に住んだ。
 当時としてはわりと高級住宅地のマンションの二階。
 隣の庭のあじさいが、朝露に光って綺麗だったのが今でも目の前に浮かんでくる、と母は懐かしそうに語ってくれた。
 父と母の弟が一人づつ、つまり私の叔父達が居候しており、四人での新婚生活であった。
 休日はとても賑やかだったが、皆が仕事に行っている間は、母は知らない土地に一人で過ごさねばならなかった。
 程なくして私を妊娠した事が判り、皆で喜んだが、つわりがひどくて大変であったという。
 三人が食事を作ってくれが喉を通らず、体重もだいぶ減ってしまった。
 ある日、つわりがつらくて寝ていた時の事である。
 午後二時ごろ、襖がすーっと開いたかと思うと、着物を着た見知らぬ女性が入ってきた。
 女性は母に向かって微笑むと、「大丈夫よ。」と言ったという。
 はっと起き上がると、もういなかったそうである。

 別のある日、今は亡き祖父が沖までカツオを釣りに出かけた。
 波の荒い日であったにも拘らず、どう言う訳か祖父は居眠りをしてしまった。
 そしてとうとう寝入ってしまったのだが、「起きて!起きて!」と声が聞こえた。
 着物を着た見知らぬ女性であったという。
 はっと目が覚めると嵐になっており、船は転覆しそうなほど揺れに揺れていた。
 命からがらやっとの思いで帰ってきたのだが、もしあのまま寝てしまっていれば大変な事になっていただろうと、生前の祖父は語っていたそうである。
 
 祖母によれば、実は母のすぐ下の女の子が、生後二ヶ月で亡くなっているという。
 その子が父と姉を心配して出てきたのではないか、と言う事である。






16:26, Wednesday, Apr 02, 2008 ¦ 固定リンク ¦ 講評(23) ¦ 講評を書く ¦ トラックバック(5) ¦ 携帯

■ Trackback Ping URL 外国のスパマーへのトラップです(本物は下のほうを使ってください)
http://www.chokowa.com/cho-1/2008/entry-blog/trackback.cgi20080402162640

■トラックバック

この記事へのトラックバックURL(こちらが本物):
http://www.chokowa.com/cho-1/2008/entry-blog/blog.cgi/20080402162640

» 【+3】妹の話 [I'd like to tell you something about ...から] ×
 亡くなった妹さんが姉に合わせて成長した姿で現れた、と言う感じですが「着物姿」というのが気になりまして。戦前ならまだ分かりますがそ繧... ... 続きを読む

受信: 18:56, Wednesday, Apr 09, 2008

» 【+1】「妹の話」 [DJ痔牢『超-1 2008』感想ブログから] ×
体験者の人達がそう感がじたのなら『妹』さんなのでしょうね。体験者達の魂みたいなも ... 続きを読む

受信: 10:46, Friday, Apr 25, 2008

» [超−1]【−3】妹の話 [幽鬼の源から] ×
主観的な解釈で強引にまとめてしまったという印象が強く、違和感が残ってしまった。 一番強く感じるのは、二人が目撃した“着物の女性”が同一人物だったかどうかの検証が全くないにもかかわらず、すぐにその正体を“母のすぐ下の女の子”と断定してしまっているところ .. ... 続きを読む

受信: 12:36, Friday, Apr 25, 2008

» 【リライト】護り人 [せんべい猫のリライトblogから] ×
 私の両親は結婚を機に、高級住宅地にあるマンションの二階に引っ越した。 そこには両親とともに、父の弟、母の弟が同居しいていた。 �... ... 続きを読む

受信: 19:06, Tuesday, Apr 29, 2008

» 【+1】妹の話 [サバ塩 for 超-1から] ×
文章:0、希少度:0、雰囲気:+1。 お母様の話からお祖父様の話に移る時、つまり ... 続きを読む

受信: 17:30, Wednesday, Apr 30, 2008

■講評

母が見た「着物を着た見知らぬ女性」は怪異のようですが、祖父については夢で見たようにしか書かれておらず、話としては少し弱いのではないかと思いました。
最後の解釈は、家族であればそう思いたい気持ちは分かりますが、根拠としてこれらを結びつけるのであれば「着物を着た見知らぬ女性」に抱いた気持ちや、この女性の姿が描かれていなければ、説得力がないのではという気がしました。

また、「高級住宅地のマンションの二階」がどういう状況であったのか分かりませんが、「隣の庭のあじさい」はどこの場所を言っているのか、とても唐突に感じます。そして「父と母の弟が一人づつ、つまり私の叔父達が居候しており、四人での新婚生活」という状況で「程なくして私を妊娠した事が判り」も、これまたいきなりという感じがします。怪異に関係ないことであればこのあたりの情報は、必要最小限の箇所のみ残して、他は省いた方が良いのではないかと思いました。

文章−1:希少度0

名前: chidori ¦ 16:45, Wednesday, Apr 02, 2008 ×


文:0 怪:+1

確証がない。
ですが良い話ですので1点。
妹さんだったのだと思いたい。

名前: 晴 ¦ 18:19, Wednesday, Apr 02, 2008 ×


文章 1
読みやすい。
稀少度 0
いいお話ですが。

確証のないのが残念です。
また「転覆しそうなほど揺れに揺れていた。」というのに目が覚めないのは不自然ではないか。
いいお話なのですが。

名前: くりちゃん ¦ 19:06, Wednesday, Apr 02, 2008 ×


ネタ+1
それぞれのエピソードとしては弱いですが、体験者が2名となると信憑性が違ってきます。
惜しいのは、お祖父さんとお母さんはそれぞれ見た女性につて話し合った事があるのかどうか。
もしあったとしたら、それを書くとよりいい話になったと思います。
あと、若干題名がネタバレです。

名前: ねこ ¦ 21:45, Wednesday, Apr 02, 2008 ×


怪異が全て主観に基づいて書かれているので、良い話ではあるのだが、そのせいで怪談としてはインパクトが弱い。
その着物の女性が本当に妹なのか、という確証がない。
お母さんに面差しが似ているとか、具体的に何か結び付けるようなものが欲しい。
怪異に直接関係のない前半の部分は削っても良い。

いや、話は良い話ですよ。

希少性(0) 文章(0)

名前: ねこや堂 ¦ 22:34, Wednesday, Apr 02, 2008 ×


守護霊ではなくて?
と言う感じが否めないが。
しかし、見た方が言うのならそうなのかも。
あれ、妹じゃないかって言ってるの、
見ていないお母さんじゃないですか。
うう〜ん、そう願いたい気持ちは分かりますが…。

名前: ちゅん ¦ 22:26, Thursday, Apr 03, 2008 ×


前半は小ネタだが一応怪異と言えるだろう。後半は夢だと言われても仕方がないし、転覆しそうなほど揺れている船の上で眠り続けるというのも不自然である。
二階なのに「隣の庭のあじさい」とか、怪異以外の部分で気になる表現も多かった。

名前: ナルミ ¦ 00:22, Saturday, Apr 05, 2008 ×


確実にそうだといえる確証はないが、好きな部類の怪異でしたので。

名前: 黒ムク ¦ 23:27, Saturday, Apr 05, 2008 ×


怪異をつなげる核の部分が欲しかった。怪異がやさしい妹さんであると思いたいですね。

名前: 茶毛 ¦ 00:20, Monday, Apr 07, 2008 ×


怪異:+1 文章:+0

うーん。
まあ、いいお話。
お母さんもおじいさんもその女性を見たのは一度だけだったのでしょうか?
何度かあるのなら、それも書いたほうがもう少し話が肉付けされてよかったかも。

名前: MM88 ¦ 13:53, Wednesday, Apr 09, 2008 ×


妹さんだったらいいですね、という感想しか出てこないです、ごめんなさい。
懐かしいマンションや弟さんたちと暮らしていたことは詳しく書かれていますが着物の女性については曖昧で、身内ならば「きっと妹だ」と盛り上がれるお話といった感じです。

名前: 眠 ¦ 01:37, Friday, Apr 11, 2008 ×


 その女の姿が着物を着ていた以外は何も記載がありません。
 中年でしたか?十代でしたか?髪型は?肝心の怪異の姿の記載に不備があります。2点減点です。

名前: くすだまん ¦ 11:04, Sunday, Apr 13, 2008 ×


お母さんの前と、お祖父さんの前に現れた女性が同一人物と言う確証がなく、お祖母さんが言うように生後二ヶ月で亡くなったお子さんだとも言えないので正体不明ですね。ただ、危機的状況の時に女性が出てきたというだけでは、ちょっと怪異の説明としては物足りないような気がしました。

名前: じゅりんだ ¦ 13:35, Wednesday, Apr 16, 2008 ×


作品に対する嫌味や揚げ足取りのつもりではなく、純粋に、転覆しそうな程揺れている船で寝ていたというのが一番の怪異に感じました。
生理的な睡眠というよりも、何か悪いものの影響で眠っていた可能性がありますよね。
現れた女性を妹と思うのは、これだけの文章ではやや無理があると思います。
作者様は何か他にもそう思う根拠があるのではないでしょうか。
もしもあれば是非書いて欲しかったですが。

名前: へみ ¦ 22:13, Friday, Apr 18, 2008 ×


着物の女性についての情報が少ないと思います。
もう少し 怪異自体についての詳細を加えてほしかったです

名前: SPダイスケ ¦ 22:50, Sunday, Apr 20, 2008 ×


守護霊…ですかね?
良い話だとは思いますが、ちょっと物足りません。

文章:1 内容:0

名前: PM ¦ 22:16, Monday, Apr 21, 2008 ×


 二ヶ月でなくなった妹さんと決め付けるのもちょっと強引かな、と。
 ですからこの位の点数で。

名前: こうたろう ¦ 16:57, Tuesday, Apr 22, 2008 ×


世話焼きの霊?
前半の女と船に出てきた女性が同じだという情報があればよかったと思うが。
それにしても、マンションに新婚夫婦と4人同居というのは……(^_^;)
希少度 1 文章 0

名前: じぇいむ ¦ 18:35, Wednesday, Apr 23, 2008 ×


文章・・・1
希少度・・・0

素直に書かれているのは良いのですが、あまりにあっさりし過ぎていて、「よくある話」の域を出ていません。
当事者にとってはとても印象に残る体験だったであろうことはよく解りますが、作品として発表する場合、何か一工夫欲しいところです。

出てきた着物の女性が本当に母の妹かどうか確証がないじゃん、という意見もあるようですが、私は祖母がそう解釈し、家族の方もみなそれで納得しているのなら、それが真実だろうと思います。
怪談というのはそういうものであり、それが怪談の良さでもあると考えます。

名前: 鹿太郎 ¦ 04:50, Tuesday, Apr 29, 2008 ×


生後2ヶ月で亡くなった女の子とその女の人を関係づけるのには無理があるかも。冒頭の方はあまりいらないのでは?

名前: ひ ¦ 11:52, Wednesday, Apr 30, 2008 ×


亡くなった妹さんが守護霊となってお姉さん達を守っているのでしょうか。女性の顔がお母さんに似ていたなどの情報が書かれているともっと良かったです。

名前: 久遠 平太郎 ¦ 19:15, Wednesday, Apr 30, 2008 ×


良い話だと思います。
妹であろう女性の描写は、書き手の取材不足である可能性が高い様に思います。
身内の話ですから、書き手自身がわかっている事でも読者には伝わっていない、という事に気付きにくという所が難しい。
妹であるかどうかは、この話の流れだと、祖母がそう判断するのも頷ける、というか、他に心当たりのある人物はいなかったのだと思います。

名前: 昼間寝子 ¦ 22:53, Wednesday, Apr 30, 2008 ×


この話も体験者様にとっては思い入れのあるであろうお話なのですが、読ませる工夫に欠けている気が致しました。
せっかくの良い経験談なのですから、もう少し雑味をとって頂かないと「ありきたり」「弱い」という講評を見るに忍びないです。

名前: みくりや かつと ¦ 23:48, Wednesday, Apr 30, 2008 ×



■講評を書く

名前:
メールアドレス(任意):    
URL(任意):
この情報を登録する
配点:
講評後に配点を変更する場合は、以前の配点(を含む講評)を削除してから新しい配点を行ってください。
配点理由+講評文:
パスワード(必須):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):

△ページのトップへ
 

▲Entry TOP

[超-1情報]
主催者からのお知らせ
最近のコメント講評
昼間寝子 on 白煙

昼間寝子 on 1cm?

昼間寝子 on 訪問者

昼間寝子 on 少女時代

on 夢に非ず

昼間寝子 on 使われないコップ

on タクシー

on 業火の記憶

昼間寝子 on 見る男、連れ女

磯昆布 on 女伝え

みくりや かつと on 一線

on ラリー

みくりや かつと on 突き飛ぶ

on カーテン

昼間寝子 on 慣れ

昼間寝子 on ズーイズーイ

みくりや かつと on 妹の話

昼間寝子 on 山姥の夜

みくりや かつと on 映画館にて

最近のトラックバック講評
【+3】ドカドカガタガタ (I'd like to tell you something about ...) «

【リライト】祖父にまつわる話 (逢魔が時に佇む) «

【リライト】人形と骨の間は・・ .. (抱朴子リライトブログ) «

【+3】暴挙 (サバ塩 for 超-1) «

【+1】怒風 (サバ塩 for 超-1) «

【+4】おみそれしました (サバ塩 for 超-1) «

【+2】白煙 (サバ塩 for 超-1) «

【+2】1cm? (サバ塩 for 超-1) «

【リライト】訪問者 (逢魔が時に佇む) «

【+2】女伝え (サバ塩 for 超-1) «

【+3】訪問者 (サバ塩 for 超-1) «

【リライト】暴挙 (せんべい猫のリライトblog) «

【リライト】女伝え (せんべい猫のリライトblog) «

【+4】少女時代 (サバ塩 for 超-1) «

【+1】使われないコップ (サバ塩 for 超-1) «

【+1】見る男、連れ女グ] (サバ塩 for 超-1) «

【+2】塩壁 (サバ塩 for 超-1) «

【リライト】少女時代 (じぇいむの「リライトボーナスをあげちゃう」ブログ) «

【+3】慣れ (サバ塩 for 超-1) «

携帯で読む
   URLを携帯に送る

 blogパーツ配布中

超-1/2008


■■■

 ◆◆◆

Powered by CGI RESCUE