..、怪談はそれを語り継いでいくもの」 という金言を頂いた僕にとってこのお話はまさに「語り継ぐもの」の範疇に入れるべきものなのでしょう。 日本的なウェットさ。見えそうで見えない背景。見たものが因果を受け継がなければいけないという呪われた連鎖。 ここには単語や熟語の選択は見られますが、オチや捻りを要求されるホラー的なつくりの怪談と一線を画して、ストレートに語り継げる怖さを放っていると言えます。 それをここまで再現してくれた作者様の筆力には脱帽。ねっとり、じっとりとした正統派怪談のテイストが全編から伝わってまいりました。 小手先の技巧に走らぬ良作の発表、まことに感謝いたします。


*)戻る

公開審査中の応募作一覧

▼携帯電話から配点/講評を行う場合は、PCサイトビューアーに準じるPC用Webページ表示機能のある携帯で、携帯用講評ページにアクセスして下さい。  

携帯TOP