..てしまったように感じられる。 幼少時のエピソードにしても、怪談においてはさほど珍しくもない。スカウトに来たのが新興宗教では、単なる勧誘文句だったのでは、としか思えない。 借りていた店舗の来歴を、店長の思考の描写だけで片付けてしまったのも、何だか説明的である。 ダラダラ感を引きずったまま、表題に関連するメインとなる部分に差し掛かってしまったため、これが話の山場だとは捉えられ辛いのでは。 怪異の羅列だけでは面白味が感じられない。 そもそも、店長に霊感があることを執拗に強調している部分で、まず興ざめだった。しかも「霊感がある」と2回も出して。霊感が強い=怪異に説得力が増す、とは必ずしもなりえないと、これまで散々(ry


*)戻る

公開審査中の応募作一覧

▼携帯電話から配点/講評を行う場合は、PCサイトビューアーに準じるPC用Webページ表示機能のある携帯で、携帯用講評ページにアクセスして下さい。  

携帯TOP