境涯


 咲子の家に昔から伝わるしきたりがある。 盆の最終日に特別の膳を用意すること。 送り火を焚いている間は家の中に誰も居ないこと。 この二つだ。「物心ついた時から教わっていた事で、それは一般的な事だと思っていたんです」…………この作品は超-1/2007作品集【超-1 怪コレクション 黄昏の章】に収録されました。続..続き(あと104バイト〜)
コメント(最新順)
■こころママ (4)》なんとまあ、よくぞトリを飾ってくれましたと言いたく..続き(あと615バイト?)
■フジ (3)》自分の家で毎年行っている事が他人と違う。それを当た..続き(あと247バイト?)
■ナメコ (3)》呪い因果系のお話はやはり重たいものがありますね。 咲..続き(あと268バイト?)
■矢内 倫吾 (4)》前にも書いた事がありますが 「ホラーはお話を練るもの..続き(あと573バイト?)
■GPZ (3)》フィナーレを飾るに相応しい大作である。最後の最後で..続き(あと233バイト?)
■空 (4)》   -4   0  +4 文章;■■■■■■■■■(+4)..続き(あと265バイト?)
■cross2M (4)》最後にふさわしい、話かと。 いや、長かったけれども疲..続き(あと729バイト?)
■ペペ (4)》はるか昔の悲劇が、今もなお、生き続けているという感..続き(あと84バイト?)
■藪蔵人 (4)》ラストに相応しい余韻のある怪談でした。 女系家族の女..続き(あと66バイト?)
■桜子 (4)》すべてをあからさまにしないで謎の部分があっていいと..続き(あと224バイト?)
他7件

11:44 May.26
*)前 #)次 MENU

公開審査中の応募作一覧

▼携帯電話から配点/講評を行う場合は、PCサイトビューアーに準じるPC用Webページ表示機能のある携帯で、携帯用講評ページにアクセスして下さい。  

携帯TOP